「仁義」 作/斉藤一人
「仁義」 作/斉藤一人

【仁義】 作/斎藤一人

 

たった一度の人生を

世間の顔色うかがって

やりたいことも やらないで

死んでいく身の 口惜しさ

どうせもらった 命なら

ひと花咲かせて 散っていく

桜の花の いさぎよさ

 

一度散っても翌年に

見事に咲いて 満開の

花の命の 素晴らしさ

ひと花どころか百花も

咲いて咲いて 咲きまくる

上で見ている 神さまよ

私の見事な生きざまを

すみからすみまで ごらんあれ

 

******

 

斎藤一人さん作の「人生の応援歌」です。

さくら湘南店でもこの詩をとっても大事にしています♪

 

>まるかん京都本部 真由美社長の楽しい「仁義の会」もご参照ください。